Design
Make SiteMap
Topics
【Design Knowledge】「模様」「文様」「紋様」の違い
写真撮影・編集
カメラの露出設定方法【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法【Adobe Lightroom】 - プレビューを最新に更新する方法
撮影ツール
コンパクトカメラ【SONY DSC-RX100M7】
動画撮影・編集
動画撮影【4K動画撮影を始めるには】動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】ジンバルカメラ【FIMI PALM】ジンバルカメラ【DJI [OSMO Pocket2]】
Adobe After Affectsエフェクト
Adobe After Affects【砂のようにオブジェクトが消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方】
Adobe Premiere Proエフェクト
Adobe Premiere Pro【手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」】Adobe Premiere Pro【画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」】Adobe Premiere Pro【GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」】Adobe Premiere Pro【単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」】Adobe Premiere Pro【レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」】Adobe Premiere Pro【画像の不要な要素やゴミなどを他の場所の画像を使って消したりするエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」】Adobe Premiere Pro【ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」】
SNS投稿
SNS投稿【YouTube編】SNS投稿【Instagram編】
デザインアプリ
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法【Illustrator】- 「メッシュ」を解除する方法【Illustrator】- 選択したオブジェクトを「拡大・縮小」できなくなった時の解決方法【Illustrator】- キーボードで上下左右にオブジェクトの移動ができなくなった時の解決方法【Illustrator】- トリムマークを作成する方法【Illustrator】- 「jpeg」形式で書き出す方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】





Adobe Premiere Pro【手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」】



動画編集の必須エフェクト「ワープスタビライザー」。
動画編集で必ず行うのが「手ブレ補正」。
動かない固定された場所での撮影でも、何かの衝撃で、画像がぶれることは頻繁にある。
なので、「手ブレ補正」は、毎回の作業の1つのようになっています。

最近は、カメラの「手振れ補正機能」が凄くて、手振れのない動画が撮影できるようにもなってきています。
ですが、わずかな「手ブレ補正」には必ず必要になってくる処理です。

「Adobe PremierePro」には、便利なエフェクト機能「ワープスタビライザー」で手ブレを強力に補正できるようになっています。
頻繁に使用するエフェクトなので、覚えておくと凄く便利です。


「ワープスタビライザー」の場所

「エフェクト」→「ビデオエフェクト」→「ディストーション」→「ワープスタビライザー」


「ワープスタビライザー」を適用したい動画クリップを選択して、
「ワープスタビライザー」をダブルクリックして適用すると、
自動的に「ワープスタビライザー」の分析がスタートして、
分析が終了すると、
自動的に手振れ補正作業(スタビライズ)作業が実行されます。

動画を再編集したりすると、
再度「ワープスタビライザー」をする必要が出てきますが、
動画クリップを選択して、「エフェクトコントロール」内にある
「ワープスタビライザー」項目に「分析」ボタンがあるので、
「分析」を実行すると、
再度「ワープスタビライザー」を適用する作業を開始してくれます。


「ワープスタビライザー」の設定値

「ワープスタビライザー」も設定値を変更することで、
手振れ補正の適用度をコントロールすることができます。

基本的には、デフォルトで、変更せずに実行してみて、
納得がいかない場合に、設定値を変更したりします。



; ;