ITメモ
Make SiteMap 【Office Tool】オフィスツールアプリを便利使う方法




【LibreOffice】使えると便利な関数

【LibreOffice】
使えると便利な関数




便利なオフィス系アプリ「Libre Office」の
表計算を使用するときに、便利な関数の情報をまとめています。

表計算ソフトで良く使われる関数で、
調べた内容を整理しています。









今日のシリアル値を返してくれる「TODAY()」関数


書式

TODAY()


「TODAY()」関数は、今日の日付のシリアル値を返してくれる関数。
シリアル値の基準日は、「1900年01月01日」を「1」として算出している。


他にも、指定した「日付」「時間」のシリアル値を取得する関数などもあります。

DATA() = DATA(年,月,日)= 指定した「日付」のシリアル値を取得する関数
TIME() = TIME(時, 分, 秒) = 指定した「時間」のシリアル値を取得する関数

「今日」だけでなく、
「過去」「未来」の「日付」「時間」のシリアル値が取得できるようになっていて、
他の関数も使い分けて、色々な表計算ができるようになっています。


Back



指定した日付の「日にち」だけを返してくれる「DAY()」関数


DAYS(日付関連数値)


書式

DAY(日付関連数値)

DAY(TODAY()) = 今日の「日にち」を取得する書式


指定した「日付関連数値」に当てはまる「日にち」を数字で返してくれる関数。
「2021年7月3日」の日付関連数値であれば、「3」を返してくれる。


Back


指定した月の日数を返してくれる「DAYSINMONTH()」関数


書式

DAYSINMONTH(日付関連数値)

DAYSINMONTH(TODAY()) = 今月の「日数」を取得する書式


指定した「日付関連数値」に当てはまる「月」を「日数」を数字で返してくれる関数。 「2021年7月3日」の日付関連数値であれば、「7月」の日数「31」を返してくれる。

Back


Back