ITメモ
Make SiteMap ITの基礎・共通知識




FTP(File Transfer Protocol)

FTP
(File Transfer Protocol)







FTPとは


File Transfer Protocol(ファイル・トランスファ・プロトコル)。
サーバーやPC端末などの2台のPC間で、ファイルを転送するためのプロトコル。
プロトコルというのは、伝達方法の1つで、Webサイトをサーバーにアップロード・ダウンロードするときなどに使われる。
伝達方法のプロトコルが違うと、日本語と英語で話しているようなもので、何も伝わらない。

FTPの中には、いくつかの種類がある。
FTPの種類正式名暗号化解説
FTPFile Transfer Protocol
(ファイル・トランスファー・プロトコル)
暗号化なし サーバーに、ファイルを転送するためのプロトコル。
一般的なデータの送受信に使われている。
FTPSFile Transfer Protocol over SSL/TLSSSL/TLSで暗号化 データ暗号化技術の「SSL/TLS」を利用して、転送データを暗号化して、ファイルデータを安全に転送するプロトコル。
SSLを利用するので、証明書の取得が必須となる。
証明書を取得していない、取得できないならば、利用はできないので、「SFTP」を利用しよう。
SFTPSSH File Transfer ProtocolSSHで暗号化 データ暗号化技術の「SSH」を利用して、暗号化された通信路を利用して、ファイル転送を安全に行うプロトコル。
「FTP」の操作は、すべて「SFTP」で利用可能。




「FTP」「FTPS」「SFTP」の違い


簡単に言えば、暗号化技術の違いです。
  • 「FTP」は、一般的なデータ送受信に使われますが、暗号化はされていない。
  • 「FTPS」は、「SSL/TLS」という暗号化が使われて、安全に転送できるが、SSL証明書がないと利用不可。
  • 「SFTP」は、「SSH」を利用して、通信回線自体を暗号化するので安全で、サーバーが対応していれば利用できる。

なので、
  • 「FTP」は、暗号化されていないので、重要なファイルなどでは利用しない方が良い。
  • 「FTPS」は、SSL証明書を作るのが面倒なので、レンタルサーバーが対応していれば利用可能だが、対応していない場合は、一般の人には難しい。
  • 「SFTP」は、レンタルサーバーなどサーバーが対応していれば利用可能。対応していないと利用不可。

と言う結果になります。
こうした理由から、一番利用が簡単で、安全な「SFTP」が良く利用される傾向がある。

安全面では、「FTPS」「SFTP」ともに暗号化されるので問題はない。
レンタルサーバーが、対応しているかどうかで、利用できるかできないかが決まる。
サーバーが対応しているのかを調べれば、どの転送方法が利用できるのかがわかる。
最近のレンタルサーバーは、「FTPS」「SFTP」どちらにも対応しているはず。
レンタルサーバーのWebサイトで簡単に確認できます。