ITメモ
Make SiteMap ITの基礎・共通知識




SSH

SSH







SSHとは


ネットワーク通信の一つで、通信経路が暗号化されるので、
インターネットを経由しても安全にアクセスする事が出来る。

OSに指示をするシェル(shell)の一つでもあり、遠隔からPCを操作することが出来る。
全ての通信が暗号化されるため、ネットワーク通信では、SSHの利用が推奨されている。


通常使用ポート=22


SSH (Secure SHell) とは、ネットワークに接続された機器を遠隔操作するために使用するアプリケーション層のプロトコル。
「telnet」=パスワード情報を含め全てのデータが暗号化されずに送信。
「SSH」=パスワード情報を含めて全てのデータが暗号化されて送信。

SSHで遠隔操作を行うためにはログインする必要がある。また、遠隔操作される機器にはユーザ名とパスワードの設定が必要。





SSHの一般的な操作


SSHには、
  • パスワードによる認証
  • 鍵認証での認証
がある。

パスワード認証は、どの端末からでも、SSHの操作方法さえ知っていれば利用することが出来るが、
鍵認証での認証は、あらかじめ公開鍵を受け取っていなければならず、セキュリティ性は高い。

詳しい方法については、各OSやソフトによって異なるので、各項目で説明している。
鍵認証についても同様。各項目を確認してください。


一般認証のコマンド例
ssh アカウント名@サーバードメイン
ssh アカウント名@IPアドレス


「サーバー名%」と表示されたら、サーバーにログインできている。