ITメモ
Make SiteMap
Topics
【アクセス情報】IPアドレスの確認チェック 【アクセス情報】PCとスマートフォンの判定
Programming / プログラミング
プログラミングの基礎・共通知識 総合開発環境「Visual Studio] Web制作の知識 Google Map / グーグルマップ 正規表現 / Regular Expression HTML&CSS Word Press Javascript PHP Ruby C言語 C++ C# Java ObjectiveC Python(パイソン) マイクロコントローラ
ShellScript / シェルスクリプト
ShellScript / シェルスクリプト Bash / バッシュ Command Prompt / コマンドプロンプト
Server / サーバー
WebServer(ウェブサーバー)の設定方法
OS(Operating System) / オペレーティングシステム
Mac(Macintosh) Windows CentOS Kali Linux Android【スマートフォン】
Application / アプリケーション
Microsoft Office
ブラウザ アプリケーション
BrowserApp「記号を使った便利な検索方法」 BrowserApp「Internet Explorer」 BrowserApp「FireFox」 BrowserApp「Safari」
メール アプリケーション
MailApp「ThunderBird」
HomeBuilt PC
HomeBuilt PC【必要な部品編】 HomeBuilt PC【CPU(プロセッサー)の選び方編】 HomeBuilt PC【マザーボードの選び方編】 HomeBuilt PC【電源の選び方編】 HomeBuilt PC【グラフィックカードの選び方編】 HomeBuilt PC【CPUクーラーの選び方編】 HomeBuilt PC【モニター編】 HomeBuilt PC【キーボード編】







自作PC【CPUクーラーの選び方編】



CPUクーラーは、
・空冷ファンタイプ
・水冷ファンタイプ
のタイプがある。


PCが高性能になるにつれて、水冷タイプが主流になってきている様子。
水冷とは言っても、専用冷却水(クーラント)なので、水道水ではない。
液漏れなどの危険性はかなり低いらしいが、数年ごとにメンテナンスが必要らしい。


CPUクーラーの種類


タイプ特徴
水冷ファン 液体を循環させて、熱を回収し、その液体をファンで冷却するタイプ。
周囲の気温が高温でも、冷却能力が維持される。
空冷ファン 空気の流れで放熱するタイプのCPUクーラー。
熱伝導の高い金属に熱を伝導させて、面積を広くし空気と接する面積を上げ、 空気を循環させることによって、空間に熱を放熱し、CPU温度を下げるようになっている。
周囲の気温が高いと放熱が難しくなるので、部屋は冷房などで冷やしておくと冷却効率が良くなる。
夏は注意が必要。