ITメモ
Make SiteMap
Topics
【アクセス情報】IPアドレスの確認チェック 【アクセス情報】PCとスマートフォンの判定
Programming / プログラミング
プログラミングの基礎・共通知識 総合開発環境「Visual Studio] Web制作の知識 Google Map / グーグルマップ 正規表現 / Regular Expression HTML&CSS Word Press Javascript PHP Ruby C言語 C++ C# Java ObjectiveC Python(パイソン) マイクロコントローラ
ShellScript / シェルスクリプト
ShellScript / シェルスクリプト Bash / バッシュ Command Prompt / コマンドプロンプト
Server / サーバー
WebServer(ウェブサーバー)の設定方法
OS(Operating System) / オペレーティングシステム
Mac(Macintosh) Windows CentOS Kali Linux Android【スマートフォン】
Application / アプリケーション
Microsoft Office
ブラウザ アプリケーション
BrowserApp「記号を使った便利な検索方法」 BrowserApp「Internet Explorer」 BrowserApp「FireFox」 BrowserApp「Safari」
メール アプリケーション
MailApp「ThunderBird」
HomeBuilt PC
HomeBuilt PC【必要な部品編】 HomeBuilt PC【CPU(プロセッサー)の選び方編】 HomeBuilt PC【マザーボードの選び方編】 HomeBuilt PC【電源の選び方編】 HomeBuilt PC【グラフィックカードの選び方編】 HomeBuilt PC【CPUクーラーの選び方編】 HomeBuilt PC【モニター編】 HomeBuilt PC【キーボード編】







自作PC【マザーボードの選び方編】



「CPU(プロセッサー)」を決めたら、次は「マザーボード」。
「CPU(プロセッサー)」のソケットタイプに対応した「マザーボード」を選ぶと同時に、 必要な機能のある「マザーボード」を選ぶ必要がある。



マザーボードの選び方


基本スペック
CPUソケット 「CPU(プロセッサー)」を取り付けるソケットで、「CPU(プロセッサー)」で指定されているソケットタイプの「マザーボード」を選ぶ。
チップセット 「チップセット」は、「マザーボード」に配置されている機器の一つで、 主に、「CPU(プロセッサー)」「メモリー」「グラフィックボード」「LAN」などの各機器への情報を伝える中継地点としての役割を持つ。
「チップセット」は、シリーズ名でよばれることもあり、チップセットのシリーズによって、性能や世代が分かる。
シリーズの「アルファベット」と「数字」で性能が異なり、「B」はビジネス向けのスタンダードタイプ。「H」は、ハイパフォーマンスタイプ。「Z」は全ての機能をもつオールタイプ。「X」は高性能ハイエンドのハイスペックタイプ。
同じアルファベットの場合、数字が大きいほどハイスペック。

現在のチップセットは、「1チップ構成」がメイン。
以前は、「2チップ構成」でしたが、現在は、「CPU(プロセッサー)」が、「チップセット(ノースブリッジ)」の役割を一部になっているため、「チップセット」は1つに。


1チップ構成「PCH(Platform Controller Hub)」
「PCH」は、1チップ構成で、現在のチップセット構成。
高速処理を「CPU」が「ノースブリッジ」として担当することになり、それ以外を「サウスブリッジ」が担当。


2チップ構成
「ノースブリッジ」は、マザーボードの上にあるチップセット。
「サウスブリッジ」は、マザーボードの下にあるチップセット。

「ノースブリッジ」は、「CPU」の近くで、メモリや内蔵グラフィック、グラフィックボードなど高速処理が必要な部品を担当し、 「メモリコントローラハブ(MCH)」と呼ばれ、グラフィック機能(GPU)を内蔵しているものを「グラフィックメモリコントローラハブ(GMCH)」と呼ぶ。

「サウスブリッジ」は、ハードディスク、光学ドライブ、キーボード・マウス、USB、LAN、オーディオなどPC周辺機器・I/0機器といった比較的低速な情報伝達を担当し、「I/Oコントローラー・ハブ(ICH)」と呼ばれる。
フォームファクタ 「フォームファクタ」は「マザーボード」のサイズ規格で、「フォームファクタ」をベースにPCケースなどは製作されている。
現在の主流は、「ATX」「microATX」「Mini-ITX」というフォームファクタがある。

ATX ATXは、サイズが大きいマザーボードで、PCケースでは、フルタワータイプとミドルタワータイプが主流。
内部の作業スペースが広いので組み込みやすく、色々な部品を組み込んで拡張できるので、拡張性が高く、初心者にも向いている。
microATX 「microATX」は、「ATX」より一回り小さいマザーボード。
PCケースのサイズが小さくても可能になるが、狭くなる分拡張性は低くなる。
Mini-ITX もっともコンパクトなのはMini-ITX。
キューブタイプケースが主流で、机上でもジャマにならないぐらいの小ささ。小さすぎてPCケース内部がとても狭い。
拡張性が低く、自作・組み込みの難易度が高い。
マルチCPU マルチCPU(マルチプロセッサ)とは、一台のマザーボードに複数のCPU(マイクロプロセッサ(CPU/MPU))を搭載すること。
複数のプロセッサで異なるデータ処理をしてPCの処理能力をアップさせる。

対称型マルチプロセッシング(SMP)=各プロセッサが対等な立場で処理を分担する方式。
非対称型マルチプロセッシング(AMP/ASMP)=各プロセッサ間で役割分担・制御・非制御などの分業関係などがあり、対称・対等な関係になっていない方式。


密結合マルチプロセッサ=複数プロセッサを同一マザーボードに収納し、電子回路レベルで結合されたシステム。
疎結合マルチプロセッサ(クラスタシステム、あるいはコンピュータクラスタ)=複数PCを高速通信回路でネットワーク化し、仮想的に一台のPCのように振る舞わせるシステム。

マルチコアプロセッサ(multicore processor)=一つのマイクロプロセッサに複数のプロセッサコア(CPUコア)を搭載し、マルチプロセッサと同じように並列処理が可能なプロセッサ。
メモリタイプ メモリは、PCの作業スペースのようなもので、アプリケーションの実行やPC操作を実行するために使用する。
PCは、メモリ大きいほど、PCの作業効率が良くなり、作業スピードも早くなり、複雑なタスクを実行できる。
「CPU(プロセッサ)」の性能の次に、重視するスペックで、メモリの値は大きければ大きいほど良い。
「DDR」「DDR2」「DDR3」 DDR(ダブルデータレート)は、メモリテクノロジーの一種。
DDRベースメモリは、後方互換性がないので、システムが「DDR3」の場合は、「DDR3」メモリしか使用できない。
システムのメモリ設計を確認するには、「Crucial」ウェブサイトの無料「Crucial System Scannerツール」を使って確認できる。
DIMM(デュアルインラインメモリーモジュール) DIMM(デュアルインラインメモリーモジュール)は、デスクトップシステム用のメモリモジュール。
DRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリ) DRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリ)は、
メモリスロット数 メモリスロット数が多いほど、メモリを大きくできるので、作業効率も上がる。
最大メモリー容量 マザーボードによって、メモリの最大容量は決まっている。
インターフェース
PCIスロット USB端子などを増やす拡張カードやテレビチューナーカードなどを接続できる端子。
PCI-Express 16X 多くのビデオカードが採用。
PCI-Express 8X
PCI-Express 4X
PCI-Express 1X 対応製品数が多い。
SATA(シリアルエーティーエー)(Serial ATA) 「SATA(Serial ATA)」=「シリアルエーティーエー」。
「HDD」「光学ドライブ」「電源コネクター」の接続規格。
IDE(アイディイー)は旧規格で、「SATA」の方が新しい規格で、転送速度も早い。
SATA Express
IDE(アイディイー) 「HDD」「光学ドライブ」「電源コネクター」の接続規格。
「IDE」は、別名「ATA(エーティーエー)」「パラレルATA」、光学ドライブでは、「ATAPI(アタピー)」とも言う。
IDE(アイディイー)は旧規格で、「SATA」の方が新しい規格で、転送速度も早い。
HDMI PCの映像音声をモニターに出力するためにデジタル伝送するための接続端子。
2つのモニターで、同時に画面を映したい場合には、複数のHDMIポートか、HDMIポートとその他の映像出力端子(DVIなど)を搭載している必要がある。
その他機能
VRMフェーズ数 電源回路(VRM)のフェーズ数。
フェーズ数の多い電源回路では、CPUに供給する電力を分散できる。
各フェーズの負担を減らし、部品の配置も分散可能なので部品の熱を逃がしやすい。
原則として、マザーボードには対応CPUを動作させる十分な電源回路を搭載しているので、電源回路のフェーズ数をあまり気にする必要はない。
アイドル時、低負荷時の効率を重視すると、電源回路のフェーズ数は少ない方が良い場合もある。
SLI 複数のビデオカードを連動させ、高度なグラフィック処理を実現する強化機能。
最新の3Dゲームなどを高画質で楽しための上級者向け機能。
CrossFire 複数のビデオカードを連動させ、高度なグラフィック処理を実現する強化機能。
最新の3Dゲームなどを高画質で楽しための上級者向け機能。
DisplayPort数
Mini DisplayPort数
USB Type-C
USB3.1
USB3.0
LED制御機能
ネットワーク
無線LAN
Bluetooth
オンボード機能
オンボードLAN
オンボードRAID ハードディスクをマザーボードに接続するための機能で、 複数のハードディスクを連動させることができる。
RAID 0=例えば、データを分散して読み書きすることで高速化する。
RAID 1=書き込むデータを即時に複製する。
オンボードオーディオ
オンボードグラフィック