ITメモ
Make SiteMap
Topics
【アクセス情報】IPアドレスの確認チェック 【アクセス情報】PCとスマートフォンの判定
Programming / プログラミング
プログラミングの基礎・共通知識 総合開発環境「Visual Studio] Web制作の知識 Google Map / グーグルマップ 正規表現 / Regular Expression HTML&CSS Word Press Javascript PHP Ruby C言語 C++ C# Java ObjectiveC Python(パイソン) マイクロコントローラ
ShellScript / シェルスクリプト
ShellScript / シェルスクリプト Bash / バッシュ Command Prompt / コマンドプロンプト
Server / サーバー
WebServer(ウェブサーバー)の設定方法
OS(Operating System) / オペレーティングシステム
Mac(Macintosh) Windows CentOS Kali Linux Android【スマートフォン】
Application / アプリケーション
Microsoft Office
ブラウザ アプリケーション
BrowserApp「記号を使った便利な検索方法」 BrowserApp「Internet Explorer」 BrowserApp「FireFox」 BrowserApp「Safari」
メール アプリケーション
MailApp「ThunderBird」
HomeBuilt PC
HomeBuilt PC【必要な部品編】 HomeBuilt PC【CPU(プロセッサー)の選び方編】 HomeBuilt PC【マザーボードの選び方編】 HomeBuilt PC【電源の選び方編】 HomeBuilt PC【グラフィックカードの選び方編】 HomeBuilt PC【CPUクーラーの選び方編】 HomeBuilt PC【モニター編】 HomeBuilt PC【キーボード編】







自作PC【電源の選び方編】



PCケースに付属していることもある電源。
最近は、PCケースとは別売になっているのが主流の様子。

電源が別売だと、電源をあらかじめ購入しなければならない。
しかし、電源選びは慎重に選ぶ必要がある。

基本的にPCの電源は、システムの最大消費電力の2倍ほどを考える必要がある。
他にも、PC電源を選ぶ基準がある。



PC電源の選び方


システム最大消費電力の2倍

PCの電源は、システムが消費する電力の約2倍ほどの電力を用意する必要がある。
最大消費電力の2倍の電力が必要な理由は、「電気変換効率」「劣化防止」「拡張性」などの理由がある。
安定してPCを稼働させるには、電源には余裕がある方が良い。

電気変換効率

最低レベルでも、電気変換効率は80%ほど。
最高レベルでも、電気変換効率は90%ほど。

電気変換効率80%→電源800W→160Wのロス(熱など)→実質電源640W
電気変換効率90%→電源800W→80Wのロス(熱など)→実質電源720W

電源ユニットの劣化防止

電源は、常にフルパワーで使うと、部品に負荷がかかり、発熱により劣化が早まる。
なので使用する消費電力以上の電力が供給できる電源を選ぶ必要がある。
電源は最大消費電力が大きいほど良いことになる。

将来的な拡張を視野に入れる

現在の使用電力ギリギリで電源を購入すると、将来に拡張する時に電源が足りなくなる可能性が出てくる。
時代が進むと、新しい技術が生まれ、必要な部品が出てくるのは必然な流れ。
将来の必要性を考えると、少し大きめの電源を購入する方が良い。


各バーツの消費電力

部品消費電力個数合計消費電力
CPU(プロセッサ)100W1100W
マザーボード50W150W
メモリ8W432W
HDD(ハードディスク)20W240W
SSD5W210W
グラフィックカード120〜250W1250W
DVDドライブ25W125W
冷却ファン4W312W
合計519W
必要電源電力量1038W

普通にPCを自作しても、最低でも800Wほどの電源は必要。
拡張できるようにしておくには、1000Wほどの電源を選ぶのが無難な気がする。