コマンド「apt-get」の使い方



コマンド「apt-get」は、アプリケーションなどのソフトをインストール・アンインストールができるコマンド。

「apt-get」コマンドを使うには


「apt-get」コマンドを使うには、設定ファイル「/etc/apt/sources.list」を用途に合わせて編集する必要がある。
初心者の人は、設定ファイルを変更せずにデフォルトのまま使用してもOK。
目的がある人だけ設定ファイル「/etc/apt/sources.list」を変更する。

設定ファイル「/etc/apt/sources.list」


「apt-get」コマンドが使うデータベースを更新
apt-get update




コマンド「apt-get」の使い方


「apt-get」コマンドの主要コマンド

「apt-get」コマンド説明
apt-get update ローカル データベースの更新
apt-get upgrade 既存プログラム全体のアップグレード
apt-get install パッケージ名 インストール,アップグレードインストール
apt-get remove パッケージ名 アンインストール
apt-get dist-upgrade ディストリビューションのアップグレード
apt-cache search パッケージ名 関連パッケージを探す
apt-cache show パッケージ名 パッケージの情報を示す




書式


apt-get [スイッチ] [オプション] [パッケージ]
「apt-get」コマンドは、Debian系(「Debian」「Ubuntu」)のディストリビューションのパッケージ管理システム。
APT(Advanced Package Tool)ライブラリを利用してパッケージを操作・管理する。
「CentOS」や「Fedora」のパッケージ管理には「yumコマンド」が利用されている。


スイッチ
updateAPTライブラリのインデックスを更新。更新先は設定ファイルの「/etc/apt/sources.list」に記述。
upgradeインストールされているパッケージを最新バージョンに更新。
dist-upgrade新規にインストール・削除する必要の有無に関係なく、パッケージを最新バージョンにアップグレード。ディストリビューションのアップグレード時に使用。
install パッケージ指定パッケージをインストール。
remove パッケージ指定パッケージを削除。
オプション
-dパッケージのダウンロードのみ。展開・インストールはしない。
-fパッケージの依存性を修復する。
-qquietモードで実行。進捗状況を表示しない。
-uアップデートするパッケージ一覧を表示。
-sインストールするパッケージの一覧を表示。
-yインタラクティブ(ユーザーへの問い合わせ)に「yes」と返答。