「python」の開発環境を設定する方法



「Kali Linux」での「Python」開発環境の設定方法。
「Kali Linux」には、デフォルトで「Python」がインストールされているので、
バージョンチェックをして、最新のバージョンかを確認して、
最新バージョンをインストールする。



「Python」のアップデート


インストールに必要なものをインストール

sudo yum install zlib zlib-devel tk-devel tcl-devel sqlite-devel ncurses-devel gdbm-devel readline-devel bzip2-devel db4-devel openssl-devel


Pythonをダウンロードして解凍

wget http://python.org/ftp/python/2.7.2/Python-2.7.2.tgz
tar zxvf Python-2.7.2.tgz


インストール

cd Python-2.7.2
./configure --with-threads --enable-shared


下記のエラーにはリンクを作る

エラー内容: error while loading shared libraries: libpython2.7.so.1.0: cannot open shared object file: No such file or directory
sudo ln -s /usr/local/lib/libpython2.7.so.1.0 /lib64/




「Python」開発環境の設定方法


「python」のパッケージ管理システムの「easyinstall」と「pip」をインストール

apt-get install python-setuptools python-pip
「easyinstall」と「pip」は、「Python」のパッケージ管理システムで、
自動でダウンロート・解凍・インストールを行ってくれる。
ライブラリを直接インストールできるので便利。



「python」のバージョンチェックするコマンド

python
python --version
python -V