ITメモ
Make SiteMap C++




C++【名前空間編】



「C++」は、変数を名前空間というプライベート空間で宣言することができる。






C++ 名前空間とは


名前空間は、クラスと同様に、プライベートな空間に変数を宣言する方法で、 名前空間を指定することで、変数や関数の重複などを防ぐ目的がある。

名前空間を使うことで、よく使われる変数名などを重複を気にせずに使用することが可能になるので、 プログラミングがかなりしやすくなる。


Back



C++ 名前空間の書式


//名前空間の宣言と変数宣言 namespace 名前空間名{

メンバ変数, メンバ変数

}


//名前空間にある変数の呼び出し方法
名前空間::変数名(関数名)


//呼び出しを簡略化するための名前空間の宣言
using namespace A{

}
と宣言することで、
名前空間名::変数名
ではなく、
変数名
だけで名前空間の変数を呼び出すことが可能となる。
しかし、同名の変数や関数がある場合は、「using」を使って宣言することでエラーが発生する。


記述例

//グローバルな変数宣言
int a=0;

//名前空間「A」での変数宣言
namespace A{
int a=1;
}

//名前空間「B」での変数宣言
namespace B{
int a=2;
}


Back