ITメモ
Make SiteMap C++




【C++】WinMain()関数 / WinMain() Function

【C++】
WinMain()関数 / WinMain() Function




WinMain()関数とは


#include<windows.h>

int WINAPI WinMain(
HINSTANCE hInstance ,
HINSTANCE hPrevInstance ,
LPSTR lpCmdLine ,
int nCmdShow ) {
return 0;
}



HINSTANCE hInstance インスタンスハンドルと呼ばれる型。
「ハンドル」とは、何かを識別するために使う数値のことを指す。
インスタンスハンドルとは、ここのプログラムを識別するためのハンドルで、一部の Win32 API 関数を呼び出すために、引数として指定することがある。
HINSTANCE hPrevInstance 第二引数は常に NULL 。
Win16 の産物です
Windowsは、同じアプリケーションを複数起動可能。
Win16 では、同一のアプリケーションのインスタンスはメモリを共有していた。
自分自身の別インスタンスの確認にこの引数が使われていた。
しかし Win32 はこれと異なるため、第二引数は常に NULL 。
LPSTR lpCmdLine コマンドラインから受け取った引数で、LPSTR という型は、Windows標準の文字型。
int nCmdShow アプリケーションの初期表示方法を指定。