ITメモ
Make SiteMap HTML
「HTML」リファレンス
【HTML】HTMLメールの作り方【HTML】ブラウザやタブに表示される小さなアイコン「favicon(ファビコン)」の作り方
「HTML」の基礎知識
【HTML】「HTML」の書式【HTML】「HTML」でのコメントの仕方【HTML】「CSS」の使い方【HTML】「Javascript」の使い方【HTML】「ブロック要素」と「インライン要素」【HTML】「HTML」の特殊文字一覧【HTML】ヘッダー部分の編集方法【HTML】他のページに移行する「リンク」の作り方 【HTML】表の作り方【HTML】Webページに画像の埋め込む方法【HTML】動画を埋め込む方法【HTML】音声ファイルを埋め込む方法【HTML】地図を埋め込む方法【HTML】入力フォームの作り方
「HTML」タグ
【HTML】「a」タグ - リンクの作り方【HTML】「link」タグ - 別ファイルを関係定義・読み込みをする【HTML】「h1-h6」 - Webページの見出しの設定方法【HTML】ruby - 「ルビ」をふるための要素
SEO(Search Engine Optimization)
【SEO対策】SEOとは【SEO対策】アクセスアップするコーディング【SEO対策】検索エンジンに登録する方法
SEOの基礎
【SEO対策】「ページタイトル」 -- タイトル適切なページタイトルを付ける
サイト構造の改善
コンテンツの最適化
クローラーへの対処
モバイルSEO
プロモーションと分析
HTML要素(Element)<br>
メインルート
「html」要素 - HTML文書のトップレベル要素(ルート要素)で、すべての要素が子孫要素となる。
文書メタデータ
「base」要素「head」要素「link」要素「meta」要素「style」要素「title」要素
セクショニングルート
「body」要素
コンテンツセクショニング
「address」要素「article」要素「aside」要素「footer」要素「header」要素「h1-h6」要素 - Webページの見出しの設定方法「hgroup」要素 - h1 や h2 をひとつのタイトルとして扱いたい場合に使用「main」要素「nav」要素「section」要素
テキストコンテンツ
「blockquote」要素 - 囲まれた文章が引用文であることを明示「dd」要素「div」要素「dl」要素「dt」要素「figcaption」要素「figure」要素「hr」要素 - 水平方向の罫線の意味で横線を引く「li」要素「main」要素「ol」要素「p」要素「pre」要素 - ソースコード中のスペースや改行をそのまま表示「ul」要素
インライン文字列意味付け
「a」要素 - リンクを作成するタグ「abbr」要素 - 略語であることを明示するタグ「b」要素 - 囲まれたテキストを文字を強調「bdi」要素 - 文字方向を指定する「bdo」要素 - 文字方向を指定する「br」要素「cite」要素「code」要素 - 囲んだテキストが、プログラムコードであることを明示「data」要素「dfn」要素 - 囲まれたテキストが定義部であることを明示「em」要素 - 囲まれたテキストを強調する「i」要素 - 囲まれたテキストを斜体文字で表示「kbd」要素 - 囲まれたテキストがキーボードから入力される文字列「mark」要素 - 文書の中でハイライトしたい箇所に使用「q」要素 - 短い引用を記述「rb」要素 - 「ルビ」をふるための要素「rp」要素 - 「ルビ」をふるための要素「rt」要素 - 「ルビ」をふるための要素「rtc」要素 - 「ルビ」をふるための要素「ruby」要素 - 「ルビ」をふるための要素「s」要素 - 囲まれたテキストが削除されたものであることを示す「samp」要素 - 囲んだテキストがプログラムからの出力サンプル「small」要素 - 囲まれたテキストをひとまわり小さく「span」要素「strong」要素 - 囲まれたテキストを文字を強調「sub」要素 - 囲まれたテキストを下付きの文字で表示「sup」要素 - 囲まれたテキストを上付きの文字で表示「time」要素「u」要素 - 囲まれたテキストに下線「var」要素 - 囲んだテキストが、プログラムコードの引数や変数であることを明示「wbr」要素 - 行の中で「改行してもよい箇所」を示す
画像とマルチメディア
「area」要素「audio」要素「img」要素「map」要素「track」要素「video」要素
埋め込みコンテンツ
「embed」要素「iframe」要素「object」要素「param」要素「picture」要素「source」要素
スクリプティング
「canvas」要素「noscript」要素「script」要素
編集範囲の特定
「del」要素 - 囲まれた部分が後から削除されたものであることを明示「ins」要素 - 囲まれた部分が後から挿入されたものであることを明示
テーブル
「caption」要素「col」要素「colgroup」要素「table」要素「tbody」要素「td」要素「tfoot」要素「th」要素「thead」要素「tr」要素
フォーム
「button」要素 - 囲まれた部分がボタン上に表示「datalist」要素「fieldset」要素「form」要素「input」要素「label」要素「legend」要素「meter」要素「optgroup」要素「option」要素「output」要素「progress」要素「select」要素「textarea」要素
インタラクティブ要素
「details」要素「dialog」要素「menu」要素「summary」要素
ウェブコンポーネント
「content」要素「element」要素「shadow」要素「slot」要素「template」要素








HTML


ホームページを作るのに必須のプログラミング「HTML」と「CSS」。
お互いを補完しあっている関係なので、1つとして考えられることもあるが、 厳密には、別のもの。
「HTML」は、ホームページの内容と型枠
「CSS」は、デザイン
という風に分かれている。
「HTML」だけだと、文字と写真だけで殺風景なページになる。
「CSS」だけだと、レイアウトだけなので、何もないページになる。
なので、「HTML」と「CSS」一緒で初めてホームページなどのWebページが作れます。

このページでは、「HTML」の使い方を中心に掲載しています。



「HTML」リファレンス


「HTML」の基礎知識




「HTML」タグ


SEO(Search Engine Optimization)
SEOの基礎
・【SEO対策】descriptionメタタグを設定する
・【SEO対策】キーワード
・【SEO対策】見出し(h1~h6)

サイト構造の改善
・【SEO対策】URLの構造を改善する
・【SEO対策】ナビゲーションをわかりやすくする

コンテンツの最適化
・【SEO対策】質の高いコンテンツを提供する
・【SEO対策】適切なアンカーテキストを書く
・【SEO対策】画像の利用を最適化する

クローラーへの対処
・【SEO対策】robots.txtを効果的に設定する
・【SEO対策】リンクにnofollow属性を活用する

モバイルSEO
・【SEO対策】モバイルサイトをGoogleに知らせる
・【SEO対策】携帯ユーザーを適切に誘導する

プロモーションと分析
・【SEO対策】正しい方法でサイトを宣伝する
・【SEO対策】便利なツールを活用する





HTML要素(Element)<br>
メインルート


文書メタデータ


セクショニングルート


コンテンツセクショニング


テキストコンテンツ


インライン文字列意味付け


画像とマルチメディア


埋め込みコンテンツ


スクリプティング


編集範囲の特定


テーブル


フォーム


インタラクティブ要素


ウェブコンポーネント