ITメモ
Make SiteMap HTML
外部Link
【HTML ドキュメント】MDN Web Docs(Mozilla)
「HTML」リファレンス
【HTML】HTMLメールの作り方【HTML】ブラウザやタブに表示される小さなアイコン「favicon(ファビコン)」の作り方【HTML】HTMLタグに「マウスアクション」を指定する方法【XML】サイトマップ作り方
「HTML」の基礎知識
【HTML】「HTML」の書式【HTML】「HTML」でのコメントの仕方【HTML】「CSS」の使い方【HTML】「Javascript」の使い方【HTML】「ブロック要素」と「インライン要素」【HTML】「HTML」の特殊文字一覧【HTML】ヘッダー部分の編集方法【HTML】他のページに移行する「リンク」の作り方 【HTML】表の作り方【HTML】Webページに画像の埋め込む方法【HTML】動画を埋め込む方法【HTML】音声ファイルを埋め込む方法【HTML】地図を埋め込む方法【HTML】入力フォームの作り方
「HTML」タグ
【HTML】「a」タグ - リンクの作り方【HTML】「link」タグ - 別ファイルを関係定義・読み込みをする【HTML】「h1-h6」 - Webページの見出しの設定方法【HTML】ruby - 「ルビ」をふるための要素
SEO(Search Engine Optimization)
【SEO対策】SEOとは【SEO対策】アクセスアップするコーディング【SEO対策】検索エンジンに登録する方法
SEOの基礎
【SEO対策】「ページタイトル」 -- タイトル適切なページタイトルを付ける
サイト構造の改善
コンテンツの最適化
クローラーへの対処
モバイルSEO
プロモーションと分析





【SEO対策】アクセスアップするコーディング






INDEX







アクセスアップに良いこと悪いこと


<h1>を含め、<h●>タグは、SEO対策にとって非常に重要

<h1>タグは「大見出し」といって文章の中で最も重要。
SEO対策の文章構成で、最も重要なこの<h1>タグ。
<h1>タグは、必ず1ページに1回のみ使用する。


<h1>を含め、<h●>タグは、SEO対策にとって非常に重要な意味を持つ。
<h1>、<h2>、<h3>、<h4>、<h5>、<h6>の6種類。
<h●>タグは、日本語で言う「見出し」。

<h2>~<h6>は、何回使用してもOK。ただし、表示する順番には注意。


<h1>タグに属性の定義は、一般的にSEO効果を半減させてしまう。



ファイル名とディレクト名も重要

  • 検索エンジンは、URLのファイル名とディレクトリ名も検索参照している。
  • キーワードをファイル名・ディレクトリ名にすることで、検索エンジンは、文章以外にディレクトリ名やファイル名が一致した場合、検索結果に反映してくれる。



FlashはSEO対策にとって無意味

Flashは、検索エンジンに何も情報を与えることができないので、SEO対策的には無意味な手法。



fram タグはSEO対策にならない

フレームを使用すると、検索ロボットが適切にクローリング(巡回)出来ない場合が多い。
そのため、SEO対策に向いていない。
フレーム非対応のブラウザが存在し、閲覧者に関して閲覧規制が多い。
目的のページに直接リンクができない。URL はメインのフレームのURLを示す為、目的のページのURLが把握できない。
フィッシングの踏み台として利用される可能性がある。



写真や画像・バナーなどでリンクを行なう場合、ALT属性を使用する

写真や画像・バナーなどでリンクを行なう場合、ALT属性を使用することで、内容を検索エンジンに伝えることが可能。
ALT属性とは、代替テキストとも呼ばれ、ALT属性を使うと、画像や写真だけでは理解できない部分を検索エンジンが理解できる。
W3C的には(ホームページの決まりと思って下さい。)写真や画像にはALT属性を使うことが、必須項目とされている。
目の不自由な方たちは、音声読み上げなどでホームページを理解する。



javascriptは、外部ファイルに記述する

javascriptコードは、検索エンジンにとって読みづらい上に、検索エンジンにとって、不必要なコードが多い。
コンテンツ部分は、SEO対策に専念させ、外部ファイルにできるものは外部ファイルに記述のがSEO的にBest。



リンクポピュラリティー

リンクポピュラリティーとは、ホームページの人気・重要性をリンク元数で考える方法。

リンクが多いと、検索エンジンがリンク先のWebを重要と判断する。
検索エンジンは、各ページをチェックし、リンクをそれぞれ確認してカウントする。
重要度・人気の高いサイトと判断する指標の1つがリンク数。
沢山リンクをされる事は、SEO対策になる。


リンクを増やす方法の一つは、検索エンジンへの登録することによって、検索エンジンからのリンクが自然に出来ることになる。



「summary属性」 によって、テーブルの概要を検索エンジンに伝える


table タグは、「summary属性」 によって、テーブルの概要を検索エンジンに伝えることができる。


<table summary=”表の概要説明文”>




テキストマッチング


テキスマッチングとは、キーワードなどを効率よく含めた、文章を構成すること。
SEO対策を行なう上では、検索エンジンに対しての文章構成が必要になります。
検索エンジンは、文章を1つ1つの単語として認識するので、
表現を具体的に単語で表すことによって、自然とSEO対策を行うことになる。


テキストマッチングの方法

キーワードを含めた単語を文章に含める。
「それ」「あれ」「こちら」といった表現を少なくして、具体的な単語で記述する。
Web全体の中に、文章の割合を増やす。


完全なスパム行為

・余白への大量記入
・白い背景に白い文字(普通は見えない)
・認識ができない極小文字



Back



【SEO対策】アクセスアップ対策【キーワード編】


タイトルやディスクリプション(ページの概要)と同様に、
ページのキーワードを記述するためのMetaタグの一つ。
ページに関連するキーワードを指定する。

検索ロボットの中にはこのキーワードを解釈することもあるらしい。


このkeywordsは、以前は重要視されていたが、
関係のないキーワードを記述するスパム行為が多くなった為、
以前ほどの効果は見込めなくなる。

正しく記述しておけば正しく機能するようになっているらしいので、必ず記入するべき。

通常、Webに関係のあるキーワードを3~5個程度と言われている。
複数記述する場合は,「,(カンマ)」で区切る。



書式


<meta name="Keywords" content="HTML,CSS,javascript">

キーワードは、「metaタグ」で記述する。
「metaタグ」の「Name」オプションで「keywords」を選択し、
「content」オプションに、キーワードを記述する。
複数キーワードの場合は、「,(カンマ)」で区切る。




記入例


<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>HTML・CSS・プログラミングなどのITを中心とした情報を掲載</title>
<meta name="keywords" content="IT,IT情報,プログラミング,コーディング,Web,HP,ウェブ,ホームページ">
<meta name="description" content="HTML、CSS、プログラミングなど,ITを中心とした情報を掲載。気軽にご利用ください。">

以下、省略~


<meta name="keywords" content="IT">
<meta name="keywords" content="IT">は、このWebは何というキーワードで検索されて欲しいかを指定するもの。


<meta name="keywords" content="IT,HTML,CSS・・・・">といった具合に記述する。
記述は必ず、関係のあるキーワードを書くようにする。
現在keywordsはシビアな部分ではないので、あまり厳格には意識しなくても良いとのこと。


Back



【SEO対策】アクセスアップ対策【ディスクリプション編】

「ディスクリプション」は、ページの「文書の概要」を記述する。


Metaタグの「description」は、
ページの詳細を記述して、このページは、どういった趣旨で、どんなサイトなのかを記述するタグ。

こちらも、スパム行為を行なう人が多いため、以前ほどは重要視されていない。
こちらも正しく記述を行なえば正しく機能してくれる。

記述は、詳細情報を64文字以内で記述するのが良いとされている。
さりげなくキーワードなどを含めて記述しておくのがポイント。



書式


<meta name="description" content="説明文章">


「ディスクリプション」は、「metaタグ」を利用して記述する。




記入例:
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>HTML・CSS・プログラミングなどのITを中心とした情報を掲載</title>
<meta name="keywords" content="IT">
<meta name="description" content="HTML、CSS、プログラミングなど,ITを中心とした情報を掲載。気軽にご利用ください。">




Back



【SEO対策】アクセスアップ対策【強調編】


強調タグ 強調タグを使い分けてマークアップすることによって、検索エンジンに、より詳細な内容を伝えることができる。


強調の種類

  • big(大きな文字)
  • small(小さな文字)
  • u(下線)
  • s(取消線)
  • i(イタリック)
  • b(太字)
  • em(強調)
  • strong(より強調)



b(太字)とstrong(より強調)の違い


見た目は同じだが、意味は全く違う。


  • <b>とは太字を表し、一般的には装飾的な部分で使われる事が多いです。
  • <strong>は意味がある文章や単語に使うことによって、使用箇所に対して重み付けを行うことができます。


Back