タプル(tuple)



タプル(tuple)とは


タプル(tuple)は、「()(かっこ)」 で囲んだ複数の値を要素として格納したもの。

「タプル(tuple)」と「リスト(list)」の違いは、要素を変更できるかできないかの違い。
「タプル(tuple)」は、要素の変更ができない。
「リスト(list)」は、要素の変更できる。

要素がひとつだけの場合は、最後に「,(カンマ)」を記述しなければ、「タプル(tuple)」にならず、変数となる。



タプルからリストへの変換方法


タプルからリストに変換するには、 関数「list()」を使用し、
リストからタプルに変換するには、関数「tuple()」使用する。

print list([1, 2, 3]) #=> (1, 2, 3)
print tuple((1, 2, 3)) #=> [1, 2, 3]



タプル(tuple)のサンプルコード


Num = (10, 20, 30, 40)
NoTuple = (10) # タプルではなく変数として数値10を格納。
Tuple = (10,) # タプルとして値「10」を要素として格納。
List1 = [10, 20, 30, 40]
Tuple1 = (10, 20, 30, 40)
List1[2] = 60 # リストなので、代入可能。
Tuple1[2] = 60 # タプルなので、変更不可。エラーで「TypeError例外」が発生。