ITメモ
Make SiteMap 正規表現 / Regular Expression




【正規表現】記号をプログラムコードではないと明記する方法



エスケープシーケンスとは

エスケープシーケンスとは、画面上に文字を出力する際に、文字出力の制御を行う特殊な文字列のことである。

プログラムの中で、機能を持つ記号が存在する。
その記号を、スクリーンに表示する際、そのまま記述すると、プログラムとしての記号として判断されてしまい、
画面に表示されず、プログラムも意図しないエラーを発生させることになる。

そのため、画面上(スクリーン)に、正常に記号を表示させるために、スクリーン用の記号文字を扱う方法がとられ、その記号文字が、「エスケープシーケンス」となる。




エスケープシーケンス一覧

スケープシーケンス 意味 ASCIIコード(16進)
\n 復帰改行 0A
\a 警報音 07
\t タブコード 09
\b バックスペース 08
\\ 文字としての \ 5C
\' 文字としての ' 2C
\" 文字としての " 22
\0 文字列終了コード 0