ITメモ
Make SiteMap シェルスクリプト / Shell Script




シェルコマンド / Shell Command



組み込みコマンド

: コマンド
何もしないで、単に「0」の終了ステータスを返す。
. . コマンド 現在実行中のシェルに、別のシェルスクリプトを読み込ませる。
break for文/ while文のループを途中で抜ける。
continue for 文 / while 文のループを次の回に進める。
cd ディレクトリ名 別のディレクトリに移動する。
eval 引数 引数を再度解釈し、コマンドを実行する。
exec コマンド 新しいプロセスを作らずにコマンドを起動する。
exit シェルスクリプトを終了する。
export 変数名 シェル変数を環境変数としてエクスポートする。
export -n 変数名で、エクスポートの取り消し。
getopts シェルスクリプトの引数に付けられたオプションを解析する。
read 標準入力からの入力をシェル変数に読み込む
readonly シェル変数を読み込み専用にする。
return シェル関数を終了する。
set シェルに、オプションフラグをセットする。または、位置パラメータをセットする。
shift 位置パラメータをシフトする。
trap シグナルを受け取ったときに、指定のコマンドを実行させる。
type 外部コマンドのフルパスを調べたり、組み込みコマンドかどうかをチェックしたりする。
umask シェル自体のumask値を設定・表示する。
unset シェル変数、または、シェル関数を削除する。
wait バックグラウンドで起動したコマンドの終了を待つ。



外部コマンド

echo 任意のメッセージを標準出力に出力する。
false 単に「1」の終了ステータスを返す。
kill プロセスにシグナルを送る。
printf メッセージを一定の書式に成形して標準出力に出力する。
pwd カレントディレクトリの絶対パスを表示する。
test シェルスクリプトにおいて、各種条件判断を行う。
true 単に「0」の終了ステータスを返す。
builtin シェル関数と同名の組み込みコマンドを優先的に実行する。
command シェル関数と同名の組み込みコマンド、または外部コマンドを優先的に実行する。
let 算術式を評価するのに、letコマンドを使う方法もある。
local シェル関数内でローカル変数を使う。
alias エイリアスの設定と参照
unalias エイリアスの解除
jobs ジョブの表示
bg ジョブをバックグラウンドで実行
fg ジョブをフォアグランドで実行
disown ジョブテーブルからの削除
times 合計プロセス時間の表示
fc ヒストリの編集
bind 行編集キーの割り当て
compgen 補完リストの生成
complete 補完機能の設定
declare シェル変数の宣言と属性の設定
typeset シェル変数の宣言と属性の設定
dirs ディレクトリスタックの表示
popd ディレクトリスタックからPOPする
pushd ディレクトリスタックからPUSHする
enable 組み込みコマンドの有効無効設定
hash ハッシュテーブルの表示とクリア
help 組み込みコマンドのhelpの表示
history ヒストリの表示
logout ログインシェルをexitする
shopt シェルのオプションの表示の設定
suspend シェルをサスペンドする
ulimit リソース正弦の表示と設定