【Car Life】車にできた傷を修理する方法





車を運転していると、
意外と車が傷つくことがあるのに気づきます。
・飛び石傷
・擦り傷
・接触傷
など、
結構傷がついてしまいます。


傷の治し方を知っておくと、
綺麗に車に乗ることができるので、
少しずつ、身につけておくと、
かなり役立ちます。








車体の軽い擦り傷を修理する方法


車体についた軽い擦り傷を修理する方法は、
修理の最初のステップで、
研磨で直せそうな車体の傷は、
とりあえず研磨で修理をしてみる。

研磨で消えない傷は、
塗料やパテなどで穴埋めしてから、
研磨整形・塗装などが必要になります。


軽い傷の研磨修理には、



などの研磨剤が必要です。
軽い傷であれば、これらの研磨剤で、 傷は綺麗になります。
研磨剤で消えない傷は、
研磨以上の修理が必要になります。
部分塗装や、傷のパテ埋めなどが必要。


研磨修理をする場合は、
細・中・荒の研磨剤がある場合、
細→中→荒→中→細の順番で研磨すると、
細かい傷を治しながら、
大きな傷を明確にし、
荒目の研磨剤で、
大きな傷を研磨することで傷を消し、
中・細の研磨剤で、整えて、表面を滑らかにします。


明らかに、傷が深くはっきりしているのであれば、
荒→中→細の順番だけでも問題なし。


研磨修理をする場合、
研磨剤ごとにスポンジや布を用意してください。
研磨剤が混じると、細かい研磨ができなくなります。


研磨するときは、
力を入れずに、撫でるように、
研磨剤を転がすように研くのが重要。
力を入れると、研磨にムラができて、
修理が完了しても。綺麗ではなくなります。

1度で研磨しようとするのも厳禁。
少しずつ研磨を繰り返すことで、
綺麗に傷を修復することができます。


Back





; ;