Life
Make SiteMap
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】暑い車内を涼しくする車載用クーラーの選び方【Car】車内で家電製品を使う方法【Car】車の購入Memo【Car】自動車保険の選び方【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】心配・・愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法

【掃除】
「キッチン」を綺麗に掃除する方法




キッチン掃除は、
家の掃除の中でも、
油汚れが多い場所。

換気扇やコンロなど、
掃除をしにくい場所や、
手間のかかる場所が多い。


キッチンの掃除は、
研くことで、汚れを落とそうとすると、
色々な部分が傷ついてしまうので、
化学反応を利用して、汚れを落とすのが、
最適な方法です。


酸性の油汚れを落とすのに有効なのは、
・アルカリ性の洗剤
・アルコール
などが有効な洗剤です。
アルカリ性の洗剤は、
酸性の油汚れを、中和して落とすことができるので、
酸性の油汚れに使う洗剤として知られています。
アルコールは、
油を溶かす性質を持っているので、
吹きかけては、布で拭き取る
という動作を繰り返すと、
油汚れをスッキリと落とすことができます。
油の量が多いと、かなりのアルコール量が必要です。








油汚れには「アルカリ性」洗剤


油汚れには、「アルカリ性」の洗剤が効果的。
と聞いたことがある人は多いと思います。

油汚れは、「酸性」です。
汚れは、中和して、「中性」の状態にすると、
汚れが良く落ちます。

「酸性」の汚れ

・トイレ --- 「尿はね」「尿石」「水あか」「アンモニア臭」
・浴室 --- 「洗い場の床」「椅子」「洗面器などの水あか」「石けんカス」「鏡の水あか」
・台所 --- 「シンク内の水あか」「石鹸カス」「蛇口や電気ポットの水あか」「魚の生臭さ」
・洗面所 --- 「水あか」「石鹸カス」
・リビング --- 「たばこのニオイ」

などがあり、「アルカリ性」洗剤で、中和しながら汚れを落とします。

「アルカリ性」の汚れは、

・キッチン --- 「換気扇やコンロ」「グリル」「壁の油汚れ」「コンロやグリルの焦げ」「シンクや排水口のぬめり」「野菜くずの悪臭」
・お風呂 --- 「ぬめり」「皮脂汚れ」「湯あか」
・洗濯 --- 「血液などのたんぱく汚れ」「洗濯槽のカビ」
・リビング --- 「手あか」「タバコのヤニ」

などがあり、「酸性」の洗剤で、中和しながら汚れを落とします。



「酸性洗剤」「アルカリ性洗剤」ともに、
素材に影響を与えてしまうので、
素材に影響を与えたくない時や、
なんの汚れかわからない時は、
「中性洗剤」を使用するのが良いです。
「軽い酸性」「軽いアルカリ性」の汚れは、
中性洗剤で十分落とすことができます。

中性洗剤の適している汚れなどは、

・手垢
・ホコリ
・くすみ
・油汚れ
・食品汚れ
などがあります。


アルカリ性の洗剤

・アルカリ性洗剤
・重曹
・セスキ炭酸ソーダ

アルカリ性の洗剤は、背面を見ると、
「酸性洗剤」「中性洗剤」「アルカリ性洗剤」
のいずれかかを、必ず記載してくれているので、
洗剤の特性を確認してから利用します。


Back





使えるキッチン掃除ツール


油汚れをスッキリクロス


キッチンに常備しておくと、本当に便利なアイテム。
油汚れを凄く吸収してくれて、綺麗に拭き取れる「キッチンクロス」。
「レーヨン」の長い毛並みが、 油汚れをぬぐい取るように、吸着してくれるので、 キッチン回りを簡単に綺麗にできる便利アイテム。

楽天でも安く販売されていました。
すぐに汚れで、変色していく感じなので、 定期的に買い替えは必要。





「カインズ」の「水だけで油汚れスッキリクロス」

ホームセンターの「カインズ」でも、
「水だけで油汚れスッキリクロス」という商品名で、
油を吸着してくれるキッチンクロスが販売されてました。

汚れを凄く吸着してくれるので、
水を付けずに、乾拭きだけで、
油をかなり吸着してくれます。
乾拭きで使った方が良いかも。




Back