Life
Make SiteMap FOOD Life





【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類

【FOOD】
美味しい「ホルモン」の種類




焼肉で食べると、とても美味しいホルモン。
ホルモンは、内臓の総称なので、
色々な種類のホルモンがある。


焼肉屋さんで、「ホルモン」と言えば、大腸部分の「シマチョウ」のことが多い。








ホルモンの部位別名称


ホルモンの部位は、
内臓や身体の部位ごとにあるので、
種類は多く、
同じ部位でも、複数の呼び名があるので、
覚えるのは、なかなか時間がかかる。


頭部

カシラ
牛の「こめかみ」と「頬」にあたる部分。脂が多く柔らかい。
タン
タンは、「タン先」「タン中」「タンサガリ」「タンモト」の4つ部位があり、肉質も異なる。焼肉のタンは、「タン中」の部分。ビタミンB群が豊富で美容効果があるらしい。
ホホニク
別名:ツラミ・カシラ


首部分

ネクタイ
別名:ノドスジ・ショクドウ。脂が少なくホルモンの中でもヘルシーな部位。
ウルテ
別名:フエガラミ・フエガミ。牛の喉部分にある気管の軟骨。


胴体部分(横隔膜)

ハラミ(横隔膜の背中側)
別名:カクマク。


胴体部分(内臓)

ハツ(心臓)
別名:ハート・ココロ。「ビタミンB12」が1日の推奨量の5〜6倍。
コリコリ(牛の心臓の大動脈)
別名:ハツモト・タケノコ・フエ。
フワ(肺)
別名:バサ

レバー(肝臓)
別名:キモ
シビレ(膵臓)
牛のすい臓、胸腺。フォアグラのようなクリーミーな味わい。
マメ(腎臓)
ビタミンB2などの栄養分が豊富

ミノ(第一胃)
別名:ガツ・上ミノ
ハチノス(第二胃)
コラーゲンが豊富。
センマイ(第三胃)
ダントツの低カロリー・低脂質。「鉄分」「亜鉛」「コラーゲン」が豊富。
ギアラ(第四胃)
別名:ギャラ・赤センマイ
ヤン
ハチノス(第二胃袋)とセンマイ(第三胃袋)の間のつなぎとなる部分

マルチョウ(小腸)
別名:コテッチャン・シロ・コプチャン・ヒモ・ホソ・ソッチャン。ビタミンB12が豊富。貧血予防にも効果的。
シマチョウ(大腸)
別名:テッチャン。お店で「ホルモン」といえば「シマチョウ」のことが多い。呼び方の由来はきれいなシマ模様。



胴体部分(足)

尻尾部分

テール
コラーゲンたっぷり


Back