シワシワのお札を綺麗にする方法



お札のシワを伸ばすには、 いくつかの方法があります。

冠婚葬祭やお年玉など、
何かと綺麗なお札は必要な時に、お札を綺麗にできたら便利。
今回も、お年玉をあげるのに、新札がなかったので、
お札を綺麗にできないものかな?と調べた時の情報メモです。

ですが、折り目が深く入っていたり、切れてしまったものは、
銀行や郵便局の窓口・両替機で交換するしかないようです。
今の所、シワシワのお札を綺麗にするぐらいしかないみたいなので、
時間があるのであれば、新札に交換してもらうのが無難なようです。






紙幣にしてはいけないこと


紙幣のシワを整える前に、
紙幣にしてはいけないことがあります。

・紙幣のホログラムに高温(アイロン)をかける

ことが、紙幣にとってNG行動です。


紙幣(5千円札と1万円札)には、
左下にホログラム(キラキラ光っていて、斜めから見ると金額が見える)があり、
熱に弱いと特性を持っているので、直接アイロンをかけるのはNGとのこと。

もし、紙幣に高温をかけてしまうと、
自動販売機などの機械で、紙幣として認識されず、
使えなくなるなどの現象が発生します。


あとは、あまり紙幣にしてはいけないことがあります。

・紙幣を濡らす
・急速に乾燥させる

は、あまり紙幣に良くありません。
紙幣を濡らすと、
乾燥する過程で、収縮や湾曲などが発生しやすいのと、
急速に乾燥させてしまうと、その症状がさらに悪化することがあります。

もし、紙幣が濡れてしまったら、
ゆっくり乾燥させることを心掛けると良いです。
布で水気を吸い取り(紙をつけても濡れない程度まで)、
新聞紙などの水分を吸収しやすい紙などで、
紙幣を挟むように重ね、雑誌や本などを重石にしてプレスしながら、
ゆっくり乾燥させると、
張りのある綺麗な紙幣になって乾燥してくれます。
水分量が多い時は、新聞紙などの紙を交換してあげてください。

乾燥材のシリカゲルを使って乾燥させる場合は、
少し注意が必要です。
大量に使用する場合は、急速乾燥と同じなので、
収縮・変形が発生してしまいます。
紙幣だけでなく、モノの特徴ですので、
シリカゲルを使用するときは、少量を使うと良いです。


紙をあてても、水分が移らなかったら、次の工程に移ってください。


Back



厚めの本に挟んでおく方法


時間があるようであれば、
厚めの本の真ん中あたりに、シワのあるお札を挟んでおくだけ。
しばらくすると、お札のシワはなくなっているはずです。
しばらくの期間は、数時間〜数日。

シワを伸ばすには、ちょっとポイントがあります。
ポイントは、「湿度」です。
紙幣に少し「湿度」を与えるとシワが伸びやすくなります。
スプレーで水を吹きかけ、乾いた布で拭き取って残った水分ぐらいがちょうど良いと思います。
湿っている布で紙幣を拭いて、少し湿り気を与えるぐらいでもOKです。

本に挟むので、しっかりと濡れてしまうと、本がダメージを受けてしまいます。
本が吸収しても大丈夫なぐらいの湿度にしておきましょう。

この方法の注意点は、「忘れてしまうこと」です。
本に紙幣を挟んだことをすっかり忘れてしまうことがあります。


Back



枚数が多い時は「新聞紙」を使う方法


シワを伸ばしたい紙幣が複数枚ある場合は、
「新聞紙」
を使います。


「新聞紙」は、湿度を吸収してくれるので、
「新聞紙と同じぐらい湿度を吸収してくれる紙素材などがあれば、
その紙素材でも構いません。

「新聞紙」を使う方法は、
本に挟む方法と原理は同じです。

まず、新聞紙を2枚用意して、紙幣を挟むようにします。
まず新聞紙1枚を敷きます。

しっかり絞った布で、紙幣を拭いて、程よい湿り気を与えて、
新聞紙の上に紙幣を並べます。

紙幣の上に、もう一枚の新聞紙を被せます。

最後に、被せた新聞紙の上に、「重石」を載せます。
・本
・雑誌
・ノートパソコン
・まな板と水を入れた鍋
など、できるだけ重いものでプレスして、
紙幣を伸ばすようにしてください。

与えた湿り気とシワの度合いにもよりますが、
数時間〜数日、湿り気がなくなるまで放置します。
たまに、換気するために、紙幣の様子を見てください。
湿り気を与えすぎると、乾燥までに時間がかかるので、
シワがひどい場合は、適度湿度で、数回繰り返すようにすると良いです。


Back



スチームアイロンで程よい湿度と熱を与える方法


紙幣は、「高温の熱」に弱いので、
アイロンを扱うときは、注意してください。

紙幣(5千円札と1万円札)には、
左下にホログラム(キラキラ光っていて、斜めから見ると金額が見える)があり、
熱に弱いと特性を持っているので、直接アイロンをかけるのはNGとのこと。


紙幣に、高温の熱はNGですが、
程よい熱と湿度は、シワ伸ばしに最適です。

スチームアイロンを使う方法は、
まず、厚めフェイスタオルを半分に折って、
間に、紙幣を挟みます。

その上から、スチームをタオルに吹きかけて、
程よい熱と湿度を与えます。
このとき、プレスしてはいけません。
空中に浮かべた状態で、スチームを吹きかけるようにしてください。
プレスすると熱が伝わり過ぎます。

同じように、もう片側も行います。

ほとんどのシワがなくなっていると思いますが、
紙幣の湿度が落ち着くまでは、
本や新聞紙に挟んでおくと、ハリのある真っ直ぐの紙幣になります。




Back



; ;