【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】






愛犬と旅行に行く時は、 普段の散歩アイテムの他に、必要なアイテムがいくつかあります。

我が家では、愛犬がオシッコを我慢するタイプなので、 オシッコ粗相対策グッズが必須です。
ベッドには、持参の防水ベッドカバーをかけて、 汚れとオシッコ粗相などに対応しています。

言葉がしゃべれないので、予防対策が中心になるので、 旅には対策グッズが非常に重要。








宿でのオシッコ粗相対策「犬専用術後服」


我が家の愛犬は、旅に行くとオシッコを極限まで我慢するタイプ。
定期的に2時間間隔ぐらいで、オシッコをさせに、外に連れ出したりするのですが、 夜中にオシッコがわからなくて、お漏らしをすることがあります。

愛犬のおしっこ対策として、 オムツをしていますが、 普通にオムツを付けても、すぐに外れてしまうので、 この犬用の術後服にオムツを固定して、 オシッコを吸収するようにしています。
お漏らししてしまっても、オムツが吸収してくれるので、 夜中も比較的安心です。

予想外のことも起こるので、100%安心ではないのですが、 圧倒的にある方が安心。

念のために、3枚ほど購入しておくと安心です。





Back





愛犬ライフに必須の「防水ベッドシーツ & カバー」


旅先での宿で必須の「防水ベッドシーツ & カバー」。
毎回、持参で愛犬と一緒に旅に行きます。

オシッコを我慢していると、
寝ているときに、犬でもオネショをすることがあります。

愛犬もわざとオネショをしているわけでなく、 オネショをしたことが自分でもわかると、 犬なのに、かなり凹んだ顔をするのがわかります。



宿の人にも迷惑をかけないために、
我が家では、必ず「防水ベッドシーツ & カバー」を持参して、 旅に出かけます。



ベッドに敷いて置けば、オネショをしても、ベッドを汚さなく済むので、安心できます。
「防水ベッドカバ―」と「防水ベッドシーツ」のダブル対策でベッドを守ります。
愛犬も老犬の域に入ったころから、自分でもオシッコをコントロールできなくなったようで、
そのころから、「防水ベッドシーツ & カバー」対策はしています。
愛犬が子供のころからしておけば良かったと思っているので、おすすめです。



もしオシッコをしてしまったら、
お風呂場で、すすぎ洗いをして、タオルなどで水気を拭いて、 干しておくと、すぐに乾きます。
1回~2回分の洗剤を持っておくのも一つの手です。

旅行用の粉洗剤が売っているので、購入しておくと、 色々と使えて便利です。


Back








Back



; ;