熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】








冷却スプレーは、
スプレー缶内の液体ガスが、
外部に噴出されたときに、
液体から気体へと気化するときに、
気化に必要な熱を周辺から奪うことによって、
冷却する仕組みになっています。

なので、冷却スプレー以外のスプレーであっても、
ガスによって噴霧するタイプには、
同様の冷却効果がある。
LPGガスを使用したエアダスターなども冷却効果がある。


冷却スプレーで注意が必要なのは、
使用されているガスが、可燃性ガスなので、
狭い空間で使用すると爆破することがある。
しかも、かなりの爆発力です。
室外か、換気をよくして使用することが必須。






スプレー缶に使われるガスの種類


スプレー缶に使われるガス
フロン 使用禁止
オゾン層破壊の懸念から使用禁止に。
スプレー缶に使われる液化石油ガス
LPG(プロパンガス) LPG(LPガス)は、「液化石油ガス」の略称。
家庭用のLPガスには、特にプロパンが多く含まれているので、
「LPガス=プロパンガス」と呼ばれるようになった。
DME
スプレー缶に使われるガス以外の代替品
圧縮窒素(空気)
代替フロン
二酸化炭素


冷却スプレー以外にも、
「液化石油ガス」を使用したスプレーには、
同様の冷却効果がある。
ただ、噴霧される内容物があるので、
全てが冷却スプレーとして使えるわけではない。
冷却スプレーがない時の知識としては使えます。


DIY用の冷却スプレーは便利で、
色々な用途に応用できる。


Back



プロパンガスの特性


液化石油ガス重さ液体気体
プロパン1kg2L500L


LPガスの主要成分「プロパンガス」が、
液体から気体に変化すると、
体積が250倍に爆発的に増加する。
そのときに必要な熱量は、
425.6kj/kg(プロパンの蒸発熱(気化熱))
ほど。


空気の比熱は、約1.007kJ/g・K
水の比熱は、約4.2kJ/g・K

標準空気(20℃、湿度(しつど)65%、1気圧)の1リットルの重さは、「約1.2g」
1立方メートル当たりの空気の重さは、「約1kg」

などの条件を考慮すると、
1kgのプロパンガス(425.6kj/kg)が気化した場合、
1gの空気(1.007kJ/g・K)は、
「425度」ほど変化させることができる。
1リットルの空気を「-425度」ほど冷たくできる計算になる。
1立方メートル当たりの空気「約1kg」になると、
「-0.5度」ほどにしかならない。
冷却スプレーの内容量は、1kgもないので、
部分的な冷却にしかならない。


Back



冷却スプレーの危険性


冷却スプレーは、
真夏の暑い時には、非常に便利ですが、
知識のない人が使うと、非常に危険なツール。

冷却スプレーは、
・爆発する
・身体の一部を冷凍してしまい、細胞を破壊する
などといった危険性がある。


よく冷却スプレーをはじめ、
スプレー全般を、
自宅や車内で使用して、
爆発しているニュースを見かけます。
建物が大爆発していることもありました。

スプレーは、可燃性ガスなので、
間違えると「ガス爆発」が簡単に起こるので、
換気されない空間などでは、使用厳禁とも記載されています。


もう一つ、冷却スプレーで多いのは、
皮膚に直に噴射して、
凍傷などの細胞を破壊してしまって、
取り返しのつかない怪我にまでなってしまう可能性があります。
金属に数秒噴射するだけで、周辺に結露が発生して、
0度以下にすることができるので、
身体の細胞にとっては致命的な外相になってしまいます。




Back





; ;