Life
Make SiteMap
Food
【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い【Kitchen】フライパンの種類と選び方【Kitchen】アルミ製フライパンの使い方
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
電動工具
【切削加工】「ルーター」「トリマ―」
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法【Car】迷惑駐車に遭遇した時の対処方法Past Topics【Car Life】
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【洗濯物】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤

【洗濯物】
汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤




「弱アルカリ性洗剤」は、 皮脂汚れなどの「酸性」の汚れを落とすのに効果的な「アルカリ性」で、
洗濯物に付きやすい汚れに適した洗剤。

衣類の洗濯用洗剤として「弱アルカリ性洗剤」は、
良く売られていて、一般家庭でも使われる洗剤として知られています。


「弱アルカリ性」なので、
「中性」と「アルカリ性」の良いところを備え持つ便利な洗剤。






販売されている「弱アルカリ性」の洗濯用洗剤


液体洗剤(蛍光増白剤なし)

■ 「トップ クリアリキッド抗菌」(ライオン)(蛍光増白剤なし)


使用したことのある「蛍光増白剤」が含まれていない「トップ クリアリキッド抗菌」。
「蛍光増白剤」を含まない方が、
服の色落ちがしにくいらしいです。
良く汚れが落ちて、色落ちがしにくいという洗剤なので、
現在、こちらを愛用中。






液体洗剤(蛍光増白剤入り)

■ 「アリエール プロクリーン 洗濯洗剤 液体」(P&G)(蛍光増白剤入り)
■ 「アタック 抗菌スーパークリアジェル」(花王)(蛍光増白剤入り)
■ 「アタック 3X」(花王)(蛍光増白剤入り)
■ 「アリエール バイオサイエンス」(P&G)(蛍光増白剤入り)
■ 「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」(P&G)(蛍光増白剤入り)


使用したことのある、 「蛍光増白剤」が含まれている「アリエール プロクリーン 洗濯洗剤 液体」は、
良く汚れが落ちて、洗濯物がスッキリと仕上がります。
カラー生地の洗濯物は、やはり、なんだか白く色落ちする感じがします。
この洗浄力で、「蛍光増白剤」が含まれていないタイプも販売してほしい。






粉状洗剤

■ 「アリエール サイエンスプラス7」(P&G)
■ 「トップ プラチナクリア 洗濯洗剤」(ライオン)(蛍光増白剤入り)



「弱酸性」洗剤

■ 「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」





Back



弱アルカリ性洗剤とは


「弱アルカリ性洗剤」は、
「アルカリ性」の性質を持つ洗剤の1つで、
「アルカリ性」の性質が、それほど強くないので、
「弱アルカリ性」と分類されています。

■ 酸性 = pH値「1~3」 = アルカリ性の汚れを落とす
■ 中性 = pH値「6~8」 = アルカリ性・酸性の汚れを落とせるが、洗浄力は強くない
■ 弱アルカリ性アルカリ性 = pH値「8~11」 = 酸性の汚れを落とす
■ アルカリ性 = pH値「11~14」 = 酸性の汚れを落とす

酸性の汚れ = 油汚れ・皮脂・手垢など
アルカリ性の汚れ = 水垢・石鹸カス・尿石・尿汚れなど

「中性」は、
汚れを分解する力が、それほど強くなく、
肌や、生地などの素材を傷つけない優しい性質。

汚れ成分を落とす力が、それほど強く強くないので、
洗浄力を求めると、自然と「弱アルカリ性洗剤」が必要に。

「アルカリ性」は、
「酸性」の汚れを効果的に分解できる特徴を持っており、
酸性の代表的な汚れ「油」を洗浄するのに適した性質。
衣類などにつく「皮脂汚れ」「手垢」などは、
「酸性」の汚れなので、「アルカリ性」の洗剤が適している。

「弱アルカリ性」は、
「中性」よりで、肌や生地などの素材を痛めにくく、
アルカリ性で汚れを分解する力を持っています。
酷い「油汚れ」でなければ、「弱アルカリ性洗剤」で落とすことができるので、
汚れをスッキリと落としたい時は、「弱アルカリ性洗剤」を使用すると良い。



「アルカリ性」の汚れは、
「アルカリ性洗剤」で落とすことはできない。
「アルカリ性」の汚れは、
「水垢」「石鹸カス」「尿石・尿汚れ」などの、
固形の付着物に多い。




Back



蛍光増白剤とは


「蛍光増白剤」が入った洗濯用洗剤には、注意が必要です。


「蛍光増白剤」は、
白い生地の、白さを綺麗にする効果のある成分で、
白い生地の白さをキープしてくれます。

ですが、他の色の場合は、
色が薄くし、全体的に色が白くなったように感じます。
衣類などの生地の色も落としてしまうので、
カラーが綺麗な衣服の場合は、
「蛍光増白剤」が入っていない洗剤で洗濯した方が良いです。




Back