Life
Make SiteMap
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】暑い車内を涼しくする車載用クーラーの選び方【Car】車内で家電製品を使う方法【Car】車の購入Memo【Car】自動車保険の選び方【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】心配・・愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【洗濯】アイロンのかけ方

【洗濯】
アイロンのかけ方




アイロンに関する役立つ情報をまとめています。
アイロンのかけ方を知っていると、
シワのない洗濯物にすることができます。








アイロンをかける順番は、低温から高温へ


アイロンをかける順番は、
生地などの特性で分類し、
「低温」から「高温」になるように、
洗濯物を分類しておく。

低い温度でアイロンをかける生地からはじめ、
高い温度でアイロンをかけても大丈夫な生地へと進んでいきます。

低い温度から始める根拠は、
アイロンの温度が上がるのに時間がかかるのと、
高い温度から低い温度に移行するのにも時間がかかるので、
低い温度から始めるのが効率的なアイロンのかけ方。



低い温度でアイロンをかける生地

・アクリル
・シルク
・ウール


高い温度でアイロンをかけられる生地

・綿
・麻


Back





アイロンの「ドライ」と「スチーム」の違い


アイロンの「スチーム」を使わない「ドライ」は、
衣類のシワを取るための機能で、
蒸気を利用してアイロンをかける「スチーム」は、
衣類をふっくらと仕上げるための機能。
生地の特性や、用途によって使い分けて、
アイロンをかけるのが望ましい。


「ドライ」でのアイロンに適した素材には、
・綿
・麻
・ポリエステル
・混紡
などがある。


蒸気を利用してアイロンをかける「スチーム」に適した素材は、
・ウール
・アクリル
・スーツ
・スカート
など。


Back





アイロンを綺麗に仕上げるコツ


アイロンをかけると言っても、
コツを知らないと、なかなかシワが取れなかったりする。
アイロンのかけ方を知っているのと、
知らないのでは、かなりの違いがある。


・アイロンの反対側の生地を引っ張り、シワをなくしながらアイロンをかける。
・同じところを何度もアイロンがけしない(シワ予防)
・アイロンかける向きを一方向に統一する。
・身頃は、裾(すそ)からかける。
・ポケットは下から上に滑らせる。
・「襟(えり)」は、両端から中央に向かって、片方を引っ張ってシワをなくしながらかける。
・ボタン部分は、ぼたん跡が付かないように、タオルを敷き、ボタンを下にして、裏側をアイロンがけする。
・袖の中は、タオルを手に巻き、袖の中に入れて、手で押しつけながらアイロンがけする。


Back





アイロンの滑りが悪くなった場合の対処方法


アイロンを使っていると、
徐々に、アイロンの滑りが悪くなる。

アイロンの滑りが悪くなった場合は、
「ロウソク」の「蝋(ロウ)」を使用して、
滑りを良くする。

タオルなどに、
細かくした「ロウソク」の「ロウ」を挟んで、
その上をアイロンがけすると、
アイロンの滑りが良くなる。
滑りが良くならない場合は、
何度か繰り返すと良い。


Back