気に入ったOutDoor Goods【ポータブル電源編】



アウトドアや災害時などの電源として、
大活躍する「ポータブル電源」。
最近では、アウトドア人気や、
災害の頻発によって、「ポータブル電源」の需要は高まる一方。

電気自動車の普及に伴って、
時代は電気の時代になりつつあります。








高性能なポータブル電源


「Jackery」ブランドの最高クラス「ポータブル電源 Ace1500」

「Jackery」ブランドの最高クラス「ポータブル電源 Ace1500」

ポータブル電源ブランドとして信頼のある「Jackery」ブランド。
「Jackery」ブランドの最高クラスの「ポータブル電源 Ace1500」は、 定格出力「1800W(瞬間最大3600W)」という、 「1000W」前後のドライヤーやDIY電動工具など、 ほとんどの電化製品を安定的に使用できるスペック。
プロ使用を目的とした最高クラスのポータブル電源。
ブランドの信頼性も高いので、安心して使える。
ただ、最高クラスなので、価格も最高クラスです。

気に入っている理由の一つが、外観デザイン。
複数のポータブル電源を積み重ねることを前提としているので、
デザインがスクエアでスッキリしているところ。
収納にもスッキリとしていて、上部にグッズを置くこともできるのが良い。
意外と、スッキリとした収納なども考えた外観デザインは少ない。
なので、お気に入り。



高出力な「EcoFlow」のポータブル電源「RIVER」シリーズ

「EcoFlow」のポータブル電源「RIVER」シリーズ

最近知ったポータブル電源。
バッテリー関連は、不具合があると発火・爆発の危険性があるので、 信頼性が凄く重要ですが、
「EcoFlow」のポータブル電源は、最近注目されているブランドです。

ポータブル電源ブランド「EcoFlow」は、 ドローンの有名ブランド「DJI」に勤務していたという人が立ち上げたブランドで、 確かな実力があるようです。

興味のある技術は、入門クラスと最高クラスともに、高い定格出力「600W(瞬間最大1200W)」を持っているということ。
もう一つの「EFDELTA」は、定格出力「1600W(瞬間最大3100W)」です。

入門クラスは、「3万円」台で購入できるお手軽さ。
「EcoFlow」のポータブル電源の違いは、電力容量の大きさ。
入門機は、「288Wh」で、最高クラス「720Wh」。
簡単に言えば、長い時間使えるかどうか尺度で、電力タンクの大きさを表しています。

購入して試しているわけではないので、
ご検討されている方は、公式HPなどでしっかりと情報を確認してみてください。
「YouTube」でも、使用感などをテーマに動画を作成している方がいます。
凄く参考になると思います。
一つ懸念しているのは、ポータブル電源の外観。
積み上げて保管するのには向いてなさそう。


Back



ポータブル電源を選ぶ基準


「ポータブル電源」を購入しようとする人も多いですが、
どの「ポータブル電源」を選んだら良いかというのは、
意外とわからないことが多いです。


「ポータブル電源」の選び方は、
・定格出力
・電力容量
・外観デザイン
・安全性(ブランド)
・価格
などの基準があります。


定格出力

1番重要なのは、「定格出力」で、
「定格出力」の大小で、
使える電動ツールが決まってきます。
簡単にいうと、電気の強さです。
強い電力は、強いパワーを使う電化製品を動かすことができるので、
使用できる電化製品が多くなります。
ドライヤーは、「1000W」以上必要になる商品が多いです。


電力容量

「電力容量」は、電力タンクの大きさです。
「電力容量」が大きいと、長い時間電気を使うことができます。
ハイパワーの電化製品を使うと、使用できる時間は短くなりますが、
「電力容量」が大きいほど、使用できる時間が長くなります。


外観デザイン

外観デザインは、
・保管のしやすさ
・使用のしやすさ
に関わってきます。
個人的には、複数台重ねて使用できるような
四角形ベースのものが良いと思っています。
定評のあるポータブル電源ブランド「Jackery」のデザインは、
効率的で、1番効率的で良い外観デザインのような気がします。


安全性(ブランド)

「ポータブル電源」の「安全性」は、
とても大切です。
バッテリーは、構造的に、衝撃がよくありません。
衝撃によって、発火・爆発を起こす可能性があります。
スマートフォンのバッテリーが発火したというニュースを
以前より良く耳にするのは、使用している素材の特性が関連しています。
なので、「ポータブル電源」の安全性を重視するのは、
重要なことです。
信頼のあるブランドを選択するのは、
安全対策をしっかりしているのが理由です。


価格

最後は、「価格」。
1番重視されますが、
「ポータブル電源」は、価格よりも、
スペックで選ぶ方が良い気がします。
スペックが足りないと、
すぐに買い替えることになりますし、
使用頻度も下がります。
買い替えた合計額を考えると、
最初から、十分なスペックの「ポータブル電源」を選んだ方が、
だいぶ安上がりになります。


Back




「定格出力」で「ポータブル電源」を選ぶ方法


1番重要なのは、「定格出力」。
使いたいツールの消費電力を補える「定格出力」が必要。
必要な定格出力は、スペックの「定格出力」を参照します。
消費電力が「1000W」のドライヤーを使うには、
定格出力が「1000W」以上なければなりません。

ドライヤーやDIYツールは、消費電力が1000W以上のものが多いです。
消費電力が定格出力の範囲内のものを選ぶ必要があります。
もし、DIYなどでの利用を考えるなら、
高額にはなりますが、最も高い定格出力の「ポータブル電源」を選ぶのが無難です。

最近では、バッテリー式の電動工具が増えているので、
「ポータブル電源」は充電用として考えることもできます。
充電用の電源であれば、必ずしも大きな定格出力は必要ありません。



今回は、信頼のある「ポータブル電源」ブランド「Jackery」の商品で比較検討。
「Jackery」ブランドの「ポータブル電源」は、

・Jackery ポータブル電源 Ace 1500(定格出力:1800W)
・Jackery ポータブル電源 1000(定格出力:1000W)
・Jackery ポータブル電源 708(定格出力:500W)
・Jackery ポータブル電源 400(定格出力:200W)
・Jackery ポータブル電源 240(定格出力:200W)

などの「ポータブル電源」があり、
ソーラーパネル充電も可能です。
Jackery ソーラーパネル「SolarSaga 100」 Jackery ソーラーパネル「SolarSaga 60」

車の修理などで、「300W」のミニヒートガンを使用していますが、
使用するには、
・Jackery ポータブル電源 708(定格出力:500W)
以上のスペックが必要。

DIYツールを使用することを前提に作られ、
使用が推奨されているのは、

・Jackery ポータブル電源 Ace 1500(定格出力:1800W)


という最新機種。
スペックは高いのですが、価格もかなり価格。
YouTubeなどでは、100Vの電気溶接や、丸のこ、グラインダーなどが正常に使用できていました。
かなりのハイパワースペックのようです。


ほどほどのスペックが欲しいけど、
価格を抑えたい人には、
「Jackery ポータブル電源 708(定格出力:500W)」
が良いように思えます。
「500W」の定格出力もあるので、
アウトドアでの電力確保を考えている方にはちょうど良い容量。
ツールを選べば、簡単なDIYも可能。





スマートフォンや、
カメラなどのバッテリー、
扇風機などをアウトドアで使用するぐらいのスペックであれば、

・Jackery ポータブル電源 400(定格出力:200W)
・Jackery ポータブル電源 240(定格出力:200W)








などの入門的な「ポータブル電源」で十分です。


Back






ポータブル電源ブランド「Jackery」の商品一覧

















Back



; ;