Trip Goods【愛犬のお出かけグッズ編】



愛犬との旅行・お出かけ・散歩グッズなどなど、 オシャレなグッズや、便利なグッズを紹介しています。



INDEX




愛犬のお出かけグッズ【うんち防臭編】


愛犬とのお出かけで、ウンチを持ち歩く時のメモ。

愛犬とお出かけをすると、必ず直面するウンチ問題。
埋める場所もなく、持ち歩くことになった場合、
ビニール袋に入れても、臭いが漏れることになる。
ウンチをどのように持ち歩くかが、愛犬と出かけるときに問題となってしまう。
そんな時の対策メモです。


我が家で、色々試した結果、「防臭袋(BOS)」と「防水ケース」を採用。
「防臭袋(BOS)」で、ほとんど臭いを遮断して、「防水ケース」で完璧に匂いを密閉。
全く匂いはしないので、もしもの持ち歩きの時も安心になりました。



ウンチ防臭対策履歴リスト

対策方法結果解説
ビニール袋×ビニール袋は、臭いを閉じ込める性能がないので、結構な臭いが漏れる。持っているだけで臭ってくる。
防臭剤×消臭剤で消しきれない臭いが、ビニールやケースから漏れてくる。
ジップロックジップロックを2重にすると臭いはかなりなくなる。
防臭袋(BOS) うんちの臭いをほとんど遮断してくれる。
だが、そのまま持ち運びするのは、見た目的にNG。
防水ケースや、ステンレスボトルに入れるのがおススメ。
ペットのウンチや、赤ちゃんのおむつを入れておくには最適な素材「BOS」。医療素材から作られたらしく、臭いの90%以上を閉じ込めて置ける袋とのこと。
防水ケース ウンチの臭いを完全に遮断してくれる。
だが、ウンチをトイレットペーパーで包んで入れたところ、内部に臭いが残る。
洗剤で数時間付けておくと臭いはとれるが、防臭袋と併用すると内部に臭いが付きにくいのでおススメ。
大きさは、140cc以上のものがおススメ。小型犬の大き目なウンチを入れると、トイレットペーパーや袋の厚みでぎりぎり。

防水ケースは、水を通さないために密閉度が高いため、臭いも通さないと思われる。
スマホの防水ケースなども臭い対策用として利用可能。
密閉ケース(ステンレスボトル・水筒・スープストック) ステンレス内部は、臭いが付きにくい上に、臭いも遮断してくれる。
おススメだが、蓋のゴム部分・プラスチック部分に臭いが付くので、やはり防臭袋との併用がおススメ。

水筒として使われるステンレスボトルは、水が漏れないように、気密性が高い。
臭いも漏らさないようになっているので、水筒やスープストックも利用できる。
しかし、出し入れできるぐらいの開口部がないといけないので、形を選ぶのに注意。


Back



愛犬のお出かけグッズ【ビニール袋編】


愛犬とお出かけすると必ず直面する排泄物の問題。
捨てる場所や、埋める場所がない場合、持ち帰るためにビニール袋に入れるのですが、
普通のビニール袋は、臭いを遮断してくれない。

持ち歩いていると、結構な臭いが漂うのが、悩みの種。
そんな問題を解決してくれるグッズの一つがこれ。


この「BOS(ボス)」という新素材が、すごい防臭力を持っていて、
ほとんど臭いを閉じ込めてくれる。
本当に画期的な素材。


「BOS(ボス)」は、医療向けに便を収容する袋として提供されてきたという商品らしく。
今では、赤ちゃんのおむつや、ペットの排泄物の片づけ用として、一般に販売を開始したそうです。


愛犬の排泄物の臭い問題をお持ちの方は一度試してみる方が良いと思います。




Back



愛犬のお出かけグッズ【リード編】


愛犬と出かけるときに必ず必要なアイテムの一つ「リード」。
「リード」には、
・普通のリード
・伸縮するリード
の2種類がある。


どちらが良いか。。。。。
どちらも必要です。

画像リードのタイプ説明
普通のリード 普通のリードの用途は、
・飲食店内
・店舗内
・人込み
・しつけ
などで利用するときに便利です。
特に、飲食店などで動き回らせたくないときや、しつけの時などは、普通のリードを利用します。
伸縮するリード 伸縮するリード(フレキシブルリード)は、
・広い場所
・公園
・ボール遊び
などで利用します。
人が少なく、愛犬を遊ばせるときに利用します。


リードによって使う状況が異なってくるので、
愛犬と出かける際は、両タイプのリードを用意するのがベストです。

特に、人の多い観光スポットに一緒に行くときは、普通のリードでしっかりと愛犬をサポートする必要があります。
伸縮性リードは、愛犬の突然の動きに対応しにくい部分があるので注意が必要です。


どちらのリードも、良く使用するので、
両方のリードを用意して使い分けるのが良い。
旅行の時は、特に注意。


Back



愛犬のお出かけグッズ【ドライブシート編】


愛犬とのドライブを楽しむには、色々な準備が必要。
その一つが、シートカバー。
ドライブシートとも呼ばれているらしい。




後部座席を全部独占して、運転席・助手席との間に落ちないようにカバーされるタイプを使用しています。
ほとんどのドライブシートが、水で洗えるので、散歩した後の汚れた足で動いても、簡単に掃除ができるのが良い点。
安心してドライブできる点も良いと思います。
上機嫌な時は、一人でおもちゃと遊んで暴れまわることも。
今では、かなりのドライブ好きな犬になってます。

ヘッドレストに紐部分をひっかけるだけなので、着脱も簡単。
座席シートの部分だけをカバーするドライブシートもありますが、
我が家では、座席からの落下を防止してくれるタイプを採用しています。


Back



愛犬のお出かけグッズ【カート編】


愛犬と一緒に暮らすようになるまでは、
ペットカートは使用しないと思ってました。
旅行に出かけたりして、愛犬を抱っこしながら観光していると、
愛犬が成長するほど重くて大変なことに。。。。




ペットカートを購入してからは、 愛犬も自身も、本当に楽に散策を楽しめてます。
旅行で観光するときも、楽で便利。
食べ歩きもできてます。

愛犬のいる方には、ペットカートはおすすめ。
愛犬が小さい子犬でも、ペットカートを利用しても大丈夫。
愛犬との充実した時間を一緒に楽しめます。


街中での散歩や旅行は、ペットカートに入れた方が安全です。
人に踏まれたり、蹴られたりで、怯えるようになってしまうので、 散歩させたくても、人が多い場所や、街中は、カートに入れてあげましょ。


対面式に切り替えられる便利なペットカートもあります。



人気のカートプランド




カートのメリット

・行動範囲が広くなった。
・商業施設に入りやすい。
・重くないので、長距離でも楽。
・好きな時に歩かせることができる。
・熱中症対策になる。
・荷物の負担軽減。




我が家はこちらを使ってます。
折りたたむと凄くコンパクトで、車に常に積んでいても、 邪魔にならない大きさ。
以前使っていたペットカートより半分ぐらいになりました。
ちょっとおすすめです。
普段はあまりペットカートを利用しない人で、旅先や街中へのお出かけで、 たまにペットカートを使用するぐらいの人に向いているアイテムだと思います。


Back



愛犬のお出かけグッズ【キャリーバッグ編】


愛犬とのお出かけに欠かせないのが「キャリーバッグ」。
キャリーバッグの形は、結構重要。
愛犬が入りたがるバッグがベストです。

お出かけ先では、色々な条件が発生します。
乗り物系や、お店などは、頭まで入るキャリーバッグが必須。


そんな中で使い勝手が良いのが、下記のキャリーバッグ。




蓋がメッシュになっているので、愛犬も息苦しくなく快適に過ごしてます。
シンプルで、使用していないときは、折りたたんで、少し大きめのバックパックに入れるので、アウトドアなどでも活躍。
電車・ロープウェイなどに乗るときなどには、必ず利用するアイテム。


普段の散歩に出かける時も、実はこの形。
トートバッグなので、色々使い勝手が良い。
散歩バックをもって、愛犬はキャリーバッグにがいつものスタイル。
散歩中は、散歩バッグがキャリーバッグに入ってくれるので、荷物もスッキリ。


愛犬の好みもあるので、一緒にベストなキャリーバッグを探すのも楽しい。
我が家の愛犬が気に入った、この形は、ちょっとおススメ。


Back



愛犬のお出かけグッズ【ベッド編】


愛犬と出かけるのに、「ベッドは持っていかないだろう?」と思っている人。
実は持っていくんです。


我が家の愛犬は、すごく繊細で暴れん坊。
でも、いつも寝ているベッドや、慣れ親しんだものを持っていくと、結構落ち着いてくれる。
初めての場所でも、自分の居場所としてベッドに寝転がったりします。


そこで行き着いたのが、持ち歩きが簡単で、シンプルなベッド。



遠出の時は、後部座席に置いて、
宿でも、ベッドとして、
いつものなれた場所が落ち着くみたい。

シンプルなデザインが、飼い主の好みに合っているので、良い感じの買い物でした。
普段は、部屋の愛犬が好きな場所に置いて使ってます。


Back



愛犬の旅行グッズ【調理器具編】


愛犬と旅行に行くと、現地で愛犬のご飯を用意しなければいけません。
現地で仕入れた食材・料理を愛犬用にカットしたりする必要があります。
なので、愛犬との旅行では、調理器具は必須。

我が家では、
・ドッグフード
・お皿
・カトラリー(ナイフ・フォーク・スプーン・箸)
・包丁
・まな板
・洗剤
・スポンジ
・ふきん2枚(台拭き用・食器拭き用)
などを、 ノートパソコンぐらいの大きさがあるポーチにまとめて、旅行に持っていきます。

「何故、ドッグフードだけじゃないの?」って疑問がありますよね?
我が家の愛犬は、「グルメ」なので、ドッグフードは「整腸剤」ぐらいにしか思ってないようです。
なので、チキンなどを購入して、ご飯としてドッグフードと一緒に食べてます。
犬も美味しいものを食べたいみたいです。
よく食べ歩きも一緒にしてます。


包丁・ハサミ



購入して良かった「包丁・ハサミセット」。
アウトドア用の調理器具セットですが、愛犬用のご飯をホテルで用意するのに必須のアイテムになってます。
まな板も必要になりますが、食べ物をカットしたり、牛乳パックを注ぎやすいようにハサミで切ったりと、 旅行の時にはなくては困る調理器具です。

アウトドアブランド【Snow Peak】で、包丁とハサミの切れ味は良いです。
値段は高めですが、買いなおしがしばらくなさそうなのとシンプルなデザインなので、 飽きがないので、しばらくはずっと使いそう。



まな板


旅行に持っていく「まな板」は、100円ショップやホームセンターで売っているもので十分です。
我が家は、薄い「まな板」を使用しています。

安くて良い理由は、汚れたらすぐに買い換えてしまうからです。
殺菌などもしていますが、使っていくうちに型崩れを起こしたりするので、 どう頑張っても1年ぐらいで交換です。
なので、安くて大丈夫。
使いやすくて、収納バッグに入ることを重視。



こういうデザインの「まな板」も良いですね。

持ち運び・収納は、薄い方が楽です。





Back



愛犬の持ち物【レストラン編】


愛犬と一緒にレストランなどで食事をするときは、 散歩の時に持ち歩くぐらいの愛犬グッズを持っていれば、 基本大丈夫です。

ただ、愛犬と一緒の食事の「大敵」は、愛犬のトイレです。
散歩よりトイレ対策をしっかりとしておくと、 いざと言うときに慌てずに済みます。

マナーベルトをして、おしっこ対策をしておくのも良いですが、 レストランに入店する前に、必ずオシッコとウンチを終わらせておくと良いです。
1時間ぐらいは、愛犬ものんびりできると思います。

落ち着かない子は、ペットカートを用意すると良いかもしれません。
絶対持って行った方が良いグッズは、 ・「マナーベルト」
・「キャリーバッグ」「ペットカート」「スリング」
・「トイレットペーパー」「ウェットティッシュ」「ポケットティッシュ」
・「防臭のビニール袋」「防臭の汚物入れ」
などです。
散歩グッズに、加えて持っていけば、対応できると思います。

グッズ名重要度説明
トイレ用品
トイレシート★★★敷いても良し、粗相した時に被せて吸収させるも良し。念のために持っていく方が良いかも。
ビニール袋★★★★粗相対策。防臭のものが良い。
ジップロック★★粗相対策。
汚物入れ★★★★粗相対策。臭いが遮断できるものがベスト。
ウェットティッシュ★★★★少しの汚れなどを拭くときに便利。少しの粗相対策。
トイレットペーパー★★★★★粗相対策。
ポケットティッシュ★★★★★粗相対策。
 
 
グッズ
首輪★★★★散歩と一緒なので必ず着用。
ハーネス★★★★散歩と一緒なので、必ず着用。
リード★★★★絶対に必須。椅子にぐるっと回してつないで置けるので、椅子に座らせておくのに便利。
マナーベルト★★★★いきなりの粗相に備えてマナーベルトを着けておくと一安心。
シャツ★★★食べ物がついたりしたら脱がせばよいので、着せて行くのが無難。
 
ステイマット★★★座って待ってくれる場所を用意するため。
ブランケット寒さ対策。冬の寒い日に待っている時はかけてあげて。
 
スリング★★★★落ち着かないときに抱っこしても、両手が使えるので便利。
キャリーバッグ★★落ち着かないときに、入れてあげると落ち着くかも。
クレート落ち着かない時の対策。他で対応できる場合はあまり必要性は高くない。
キャリーカート★★なくても良いが、落ち着かないときに閉じ込めて落ち着かせるのに使えます。
 
 
フード
お皿2枚(お水用とご飯用)★★★★お店で用意がない時には必要。折りたたみのものを持っていくと便利。
 
ごはん(朝食・昼食・夕食)★★愛犬用の食事がない時の対策。
ささみ★★愛犬用の食事がない時の対策。
軟骨ジャーキー★★愛犬用の食事がない時の対策。
お水★★★★水は、役に立つので、飲み水用・粗相用として用意するのが良い。
 
 
書類
鑑札レストランでは求められたことはないが、案内板では表示されていることもあるので、念のためにコピーなどを持参しておくのも良い。常に散歩バックに入れておくのも対策の一つ。
狂犬病予防注射済票レストランでは求められたことはないが、案内板では表示されていることもあるので、念のためにコピーなどを持参しておくのも良い。常に散歩バックに入れておくのも対策の一つ。
混合ワクチン接種証明書レストランでは求められたことはないが、案内板では表示されていることもあるので、念のためにコピーなどを持参しておくのも良い。常に散歩バックに入れておくのも対策の一つ。


Back